HOME>歯列矯正|相談

歯列矯正|相談

ここでは、歯列矯正でよくある相談や質問を取り上げました。

歯列矯正の費用は、かなり負担が大きく、治療期間も数年以上必要ですので、歯列矯正の治療前にいろいろ相談したり調べて、よく理解しておきたいものです。
歯科医によっては、無料で相談を受付けているところもあります。

矯正治療|よくある相談

   1:大人になっても歯列矯正はできるの?
   2:治療期間はどのくらい?
   3:治療中の痛みは?
   4:歯周病や虫歯でも歯列矯正はできるの?

   5:セラミックの歯や奥歯がなくても歯列矯正はできるの?
   6:歯列矯正では、歯を抜く必要があるの?
   7:表側矯正と舌裏矯正の違いは?
   8:治療中の食事で気をつけることは?

   9:歯列矯正装置をつけると、虫歯になりやすいの?
  10:歯列矯正装置で、金属アレルギーになることは?
  11:矯正装置をつけたら、どのくらい通院すればいいの?
  12:歯列矯正の検査では、どんなことをするの?

  13:取り外し可能な矯正装置もあるの?
  14:以前、歯列矯正したのに、歯が元に戻ってきたら?
  15:子供の歯列矯正は、どうしたらいいの?
  16:歯列矯正の料金(費用)はどのくらい?
  17:歯列矯正の医療費控除は?



相談 1:大人になっても歯列矯正はできるの?

A:
年令に関係なく歯列矯正は可能ですが、大人の場合はアゴの成長がすでに完了しているので、治療にはある程度の限界があります。
一方、子供の場合は、アゴが成長段階にあるので、より柔軟な矯正治療ができます。

相談 2:治療期間はどのくらい?

A:
矯正装置をつけて歯を移動させる期間が約1年〜2年半です。その後、矯正装置を外してから歯が元に戻らないように、保定装置をつけるのが約1年〜2年ほどになります。

この期間は、おおまかな目安で個人差があります。また、部分的な歯列矯正は、もっと短期間の治療で終わります。

相談 3:治療中の痛みは?

A:
初めて矯正装置をつけたときや、装置の調整をしたときは痛みがありますが、早くて数日、遅くても4、5日で痛みはなくなります。

相談 4:歯周病や虫歯でも歯列矯正はできるの?

A:
治療する場合は、歯周病や虫歯を完全に治してからになります。

相談 5:セラミックの歯や奥歯がなくても歯列矯正はできるの?

A:
治療は可能です。ただし、治療後に歯並びが変わったために、インプラントやブリッジが必要になったり、セラミックの歯を新しく作り直さなければいけない場合もあります。

歯はその人ごとに状態が違いますので、歯科医とよく相談の上、納得したうえで治療しましょう。

相談 6:歯列矯正では、歯を抜く必要があるの?

A:
必ずしも歯を抜く必要はありませんが、歯を抜かないと十分な矯正ができないケースもあります。特に大人の場合は、アゴの成長が完了していますので、矯正できる範囲が限られてきますので、歯科医と相談しながら歯を抜くかどうか決める必要があります。

一方、子供の場合は、アゴが発育段階にあるため、矯正範囲が広く歯を抜かずに済むケースが多くなっています。

相談 7:表側矯正と舌裏矯正の違いは?

A:
表側矯正は、舌裏矯正に比べると治療期間が、短くなる傾向がありますが、矯正装置が目立ってしまう欠点があります。ただ最近では、あまり目立たない装置も開発されていますので、選択の幅が広がっています。

一方、舌裏矯正は、ほとんど目立たないのですが、治療期間が長い、料金が割高、会話がしずらいなどの不都合なことが、いくつかあります。

相談 8:治療中の食事で気をつけることは?

A:
矯正装置に影響があるガム、お餅など粘着性のあるものは避け、りんごのまるかじりや硬い食べ物は控えた方がよいでしょう。また、お酒は問題ありませんが、たばこは矯正装置や歯に、ヤニが付いて手入れが大変です。

相談 9:歯列矯正装置をつけると、虫歯になりやすいの?

A:
装置をつけていないときと比べると、歯磨きはめんどうになりますが、正しい方法で磨けば、虫歯になりやすいとはいえません。
歯磨きについては、歯科医から磨き方の指導があり、矯正装置の調整時に、歯のクリーニングが行われますので、あまり心配することはないでしょう。

相談10:歯列矯正装置で、金属アレルギーになることは?

A:
金属アレルギーの人は、事前に歯科医に伝えて金属でないもので、矯正装置を検討してもらいます。また、金属アレルギーとは知らずに後から症状がでてきたときは、すぐに歯科医に相談しましょう。

相談11:矯正装置をつけたら、どのくらい通院すればいいの?

A:
通常は、約4週間に一度通院して、装置の緩みを直す調整や歯のクリーニングをしてもらいます。(取り外し可能な装置の場合は、約3カ月に1回が目安)

相談12:歯列矯正の検査では、どんなことをするの?

A:
矯正のための模型を作るために、歯型、写真、レントゲンをとり、同時に虫歯や歯周病などもチェックします。所要時間は、だいたい1時間〜1時間半ほどです。

相談13:取り外し可能な矯正装置もあるの?

A:
主に、アゴの発育途中である子供に使用されるもので、アゴがすでに成長した大人の歯列矯正には、あまり使用されません。

相談14:以前、歯列矯正したのに、歯が元に戻ってきたら?

A:
改めて治療することができます。(通常は、歯並びを矯正して装置を取り外した後、1年〜2年ほど保定装置をつけていれば、歯が元に戻ることはあまりありません。)

相談15:<子供の歯列矯正は、どうしたらいいの?

A:
歯並びが悪く、噛み合わせが非常によくない場合は、一度、専門の歯科医に診てもらうことです。子供の場合は、早めに治療すれば、大人よりも治療期間が短く済むことが多くなっています。

ただし、矯正装置をつけることによって、見た目のコンプレックスで悩んだり、ストレスになることもありますので、子供の意思を確かめてから、治療するか決めることが必要です。

相談16:歯列矯正の料金(費用)はどのくらい?

A:
料金の設定は、私立大学付属の病院、国立大学付属の病院、歯列矯正専門医で、それぞれ違っています。詳しくは、歯列矯正料金をご覧ください。

相談17:歯列矯正の医療費控除は?

A:
医療費控除が利用できるのは、健康上問題があるときの歯列矯正治療に、限られています。
詳しくは、歯列矯正の医療費控除をご覧ください。

次ページ→歯列矯正|専門の歯科医