HOME

歯列矯正料金

歯列矯正料金は、健康上問題があるときの治療以外は、健康保険を利用することができません。

容姿や審美的な歯列矯正は、いわゆる自由診療となり、料金や費用は本人が全額負担することになります。

自由診療の歯列矯正料金は、各病院や歯科医によって自由に設定できますので、もし、歯列矯正の治療を受けるときは、 前もってどのくらいの料金、費用になるのか、確かめておくのがよいでしょう。

(歯列矯正で、健康保険が利用できるのは、アゴの変形を治療する場合と、口蓋裂の矯正治療の場合です。)

以下に、歯列矯正料金の比較と内容を、具体例を取り上げました♪

病院、歯科医による歯列矯正料金、費用の比較

私立大学付属の歯科病院

病院によって、それぞれ歯列矯正料金の設定が、異なっています。
ケース1)約70〜75万円以上+検査料
ケース2)約70万円+(3,000円×調整した回数)

*調整した回数とは、3週間から4週間に一度、矯正用の装置の緩みやズレを調整するために、通院した回数のことです。

国立大学付属の歯科病院

日本国内であれば、同額の矯正料金、費用になっていて、約70〜80万円台。これは2年間、金属製のブラケットを使って治療した場合の料金で、歯列矯正の装置によって、多少変わってきます。

専門歯科医

私立や国立付属の歯科病院よりも、矯正料金の幅が大きくかなり違いがありますが、目安としては次の2つの料金設定が多くなっています。

ケース1)
料金総額が初めから決められていて、治療期間には関係ありません。
    費用・・・約110〜130万円。

ケース2)
治療費に加えて、歯科医で調整した回数に応じて料金が加算されます。
    費用・・・90〜100万円+(6,000円×調整した回数)

歯列矯正料金は、一度に100万円前後の支払いが必要なため、歯科医によってはクレジットカードやローンからの支払いを、 用意しているところもありますので、事前に相談してみるとよいでしょう。

料金、費用の内訳

歯列矯正料金の細かい内訳は、下表のように初診料、検査料・・・など、 いくつかの項目に分かれています。

治療するところによって様々で、特に専門歯科医の場合は、各歯科医によって項目ごとの料金差が、 大きくなっているのが普通です。以下の表は、その一例です。

 私立大学の歯科 国立大学の歯科  矯正専門の歯科
 初診料 3,000円〜 5,000円 5,000円  5,000円 
 検査料  25万円  8万円  5〜8万円
 診断料  3万円  3万円  -
 治療費  60〜85万円  55〜60万円  55〜90万円
 調整料  3,000円  6,300円  6,000円〜1万円
費用
合計
約89〜114万円
+調整回数分
約67〜72万円
+調整回数分
約61〜100万円
+調整回数分

*歯列矯正治療を行なわなかった場合でも、初診料や相談料などの費用は
  必要になります。
*上記の費用はあくまで一例で、一応の目安とお考えください。
*部分的歯列矯正や子供の場合は、上記費用よりも安くなります。

地域による歯列矯正料金、費用の違い

一般的に、首都圏や大都市圏は歯列矯正料金が高く、地方都市になると安くなる傾向があります。 特に、 矯正専門歯科医の場合は、かなり違いがあるようです。

具体例) 矯正専門歯科医のケース
・地方都市の費用・・・42万円+(5,000円×調整した回数)
   2年間に30回調整した場合で計算すると、42+15=57万円

・大都市圏の費用・・・95万円+(6,500円×調整した回数)
   2年間に30回調整した場合で計算すると、95+19.5=114.5万円

参考までに、歯列矯正が普及している米国の平均的な料金は、トータルで110〜140万円ほどで、 日本と比べると少し高めの設定になっています。

よく、日本の歯列矯正は高いといわれますが、米国との比較で考えると、料金的にはそう高いとは、 いえないのかもしれません。

なお、料金、費用によって歯列矯正の技術レベルが、決まるわけではありません。それよりも、患者さんの立場になって、 親切に相談にのってくれる歯科医に治療してもらうのが、大切ですので。念のため・・・・。

次ページ→歯列矯正の医療費控除